アニソンだらけ

アニソンだらけ

アニメを観た方に「ふーん」と思える付加価値を伝えるブログ

盾の勇者の成り上がり 第24話 感想|尚文の「ペース」がラルクたちとの戦いの中で染まっていく

f:id:nekuran:20190620105216p:plain
出典:©2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

「こんな弱っちい奴らが世界を守る勇者だと?」

こんにちはねくらんです!24話は戦闘シーンが中心でラルクたちの引き立て役としての3勇者の姿だったり協力関係だったはずのラルクたちと敵対ねどが描かれていました!

この記事はネタバレが含まれます。
まだ観ていない方は下記のサイトから無料(期間限定)で視聴できます。

波での戦闘

f:id:nekuran:20190620105033p:plain
出典:©2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

女王の助勢により今まで波での戦いにはなかった数多くの兵や四聖勇者が揃った状態で波に挑んだり、海での戦闘や樽爆弾など新たな戦い方が描かれる中で3勇者にはないラルクたちの息の合ったコンビネーションが見所です!

引き立て役の3勇者

f:id:nekuran:20190620105051p:plain
出典:©2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

カルミラ島でレベル上げをしているはずにも関わらず、ボスにまったくダメージを与えられなかったり、尚文がラルクたちと協力して倒したボスのドロップアイテムを何食わぬ顔で貰おうとしていたりと相変わらずの酷さでした。結果的にラルクたちの圧倒的強さや尚文とのコンビネーションが引き立つ形になりましたが笑。前回での話を考えるにレベル上げの縄張り争いをずっとしていたとか、船酔いの時点で今回の波での活躍は期待できないフラグは立っていましたね笑。

ラルクたちとのスムーズな戦闘

f:id:nekuran:20190620110340p:plain
出典:©2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

3勇者でボスの強さを強調してから今度はラルクたちの強さをボスを水から引きずり出す構図を2回繰り返すことで強調していたのが3勇者の正しい使い方だなと思いました笑。ラルクたちが強いだけかも知れませんが、本来、勇者同士が手を組むならやっぱりこれぐらいスムーズにボスを倒すべきだと思いますね。ラルクの「こんな弱っちい奴らが世界を守る勇者だと?」という言葉にぐうの音も出ません。

勇者同士の戦い

f:id:nekuran:20190620110020p:plain
出典:©2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

コンビネーションが上手くとれた戦闘を繰り広げていく中でお互いにその強さを認め合う両者の姿やラルクたちとの戦いを楽しむ尚文の姿が見所です!

戦闘を楽しんでいるように見える尚文

f:id:nekuran:20190620103816p:plain
出典:©2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

周りに被害がいかないようにしたり、手の内を隠さない正々堂々と戦うラルクたちに応えるかのように自らの手の内を明かすなど尚文も少しずつ戦闘を楽しんでいく様子が印象的です。コンビネーションを褒められた尚文が逆に相手のコンビネーションの良さを認めていたりと尚文が普段見せない姿がラルクたちとの戦闘を通して見られたのもいいですね。特に、ラルクに「楽しいな、尚文」と言われた時の尚文の表情が最高で、この時に尚文は自覚していないうちにラルクとの戦闘を楽しんでいることに気がついたのかなと思います。

感想まとめ

最終回も近いということでかなり見応えのある戦闘シーンでしたね!その中でも戦闘を楽しんでいる尚文の姿も描かれていました。3勇者にいつもペースを合わせていた尚文がラルクと過ごすことでペースを乱されると言っているのも3勇者などこの世界での理不尽が生んだものだと思います。だからこそ正々堂々で戦うラルクたちとの戦闘は尚文にとって新鮮に感じたのかもしれませんね。


また登場したグラスと再戦という流れで終わりましたが尚文もレベルアップしたとはいえ敵も多いですしまたカオスシールドの出番がありそうですね。こちらの世界が異世界にも影響を及ぼしている感じかなぁ。

それではノシ

www.anidake.com

2019年春アニメ主題歌の発売・配信日をまとめた記事です!
宜しければこちらもどうぞ!

www.anidake.com

2019年夏アニメ主題歌の発売・配信日をまとめた記事です!
宜しければこちらもどうぞ!