アニソンだらけ

アニソンだらけ

アニメを観た方に「ふーん」と思える付加価値を伝えるブログ

盾の勇者の成り上がり 第19話 感想|ついに四聖勇者が揃う!…が三勇者のいいわけがひどい件

スポンサーリンク

この記事はネタバレが含まれます。
まだ観ていない方は下記のサイトから無料(期間限定)で視聴できます。

今回のストーリー

f:id:nekuran:20190516144748p:plain
出典:©2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

死んだと思っていた錬と樹がごじゃる部隊に助けられたことによりなんとか生還しました。
一同に会した四聖勇者がそれぞれの思いをぶつけ合い、倒すべき本当の敵を知ることになります。
尚文はフィトリアとの約束を守るため、そして仲間を守るために元康、錬、樹の三人と力を合わせ、教皇に立ち向かう決心をします。

見所と感想

今回もフィトリア

f:id:nekuran:20190516150214p:plain
出典:©2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

フィトリアが今回も登場しました!
四聖勇者が協力をしてくれることを祈るフィトリアの表情が心に響きます。
こういう気持ちを届けたり、通じたり、重なったりするシーンってアニメならではですよね!
フィトリアの表情に凄く力を入れているように感じるのは気のせいですかね笑
フィトリアの過去がもう少し分かれば良いのですが。

呆れる尚文一行

f:id:nekuran:20190516150049p:plain
出典:©2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

まさに視聴者が元康たちに向けている表情です笑
ラフタリアの顔が少しギャグ調になっているような気がしますが笑
怒りじゃなくて呆れているのはラフタリアたちが優しいだけじゃなくて、相手の立場をよく理解しているからこそなんでしょうね。
また、三勇者だけではなくマインの知識力のなさも今回教皇により指摘されていたのも地味爽快でした笑

哀れな勇者たち

f:id:nekuran:20190516150112p:plain
出典:©2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

今まで人の話を一切聞かない展開が多かった分、今回の正論を受けた元康、錬、樹の表情が観ていて気持ちよかったです笑
自分が良いと思ったことが実は間違っていたと気が付いたらどういう行動を起こすべきなのかというのも大事な部分ですよね。
とはいえ錬は何か考えてそうで何も考えてないみたいですし、樹はやっと四人揃いましたね笑と発言したり、元康はころころと意見を変えたりと素直に四聖勇者が揃ったことを喜べませんでした笑


それではお疲れ様でした!

感想ツイート