アニソンだらけ

アニソンだらけ

アニメを観た方に「ふーん」と思える付加価値を伝えるブログ

世話やきキツネの仙狐さん 第5話 感想|今回の癒やし要素はお風呂と両手にもふもふ!?

スポンサーリンク

この記事はネタバレが含まれます。
まだ観ていない方は下記のサイトから無料(期間限定)で視聴できます。

1.純白の耳と尻尾を持つ狐娘「シロ」の登場

両手にもふもふ

f:id:nekuran:20190509132501p:plain
出典:©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

甘やかされたいシロは中野に自分の頭を撫でさせる。
その光景をみた仙孤さんは物欲しそうに中野に自分も混ぜて欲しいと告げる。
両手に異なる触り心地、撫でられているシロと仙孤さんの表情や声に癒やされた中野はそのまま天に飛び立った…気分を味わった。

背徳感がすごいな…

中野の欲望

f:id:nekuran:20190509132526p:plain
出典:©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

遠慮する中野の本当の気持ちを知るため、シロは千里眼で中野の中に眠る欲望を解放する。
しかし、中野の中に眠っていたのはもふもふに対する異常なまでの欲心だった。
次の瞬間、欲望の赴くままに動く中野の魔の手がシロに襲いかかる。
なんとか中野のもふもふから逃れたシロが逃げた先はお隣さんの高円寺の部屋だった。

シロの弱点は尻尾なのかぁ

お隣さんとの遭遇

f:id:nekuran:20190509132551p:plain
出典:©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

夜遅くまで漫画を書いていた高円寺は癒やしを求めていた。
深夜のテンションで架空の猫を妄想し可愛がっているそんな時にシロが目の前に現れた。
幻覚をが見えるほど疲れが限界に達していると感じた高円寺は何事もなかったかのように眠りに着いた。

シロの顔の赤い模様は歌舞伎や狐のお面と同じで「善」や「魔除け」という意味が込められているのかな

2.仙孤さんと一緒にお風呂!

お風呂での様々なシチュエーション

f:id:nekuran:20190509132615p:plain
出典:©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

お風呂の中で眠りそうになる中野だったが当然仙孤さんが浴室に入ってくる。
中野は仙孤さんが自分のふらふらな姿を心配し、元気付けようとしてお風呂に入ってきたことを知る。
一緒に背中を流したり、水鉄砲で遊んだりと子供頃の懐かしさに包まれた中野は体と心の疲れが浄化されていく。
お風呂から上がった中野は仙孤さん尻尾が元のもふもふ感を取り戻したことを確認するや否や仙孤さんの尻尾をめっちゃもふもふした。

仙孤さんは中野にもふもふされることを受け入れているね

感想

5話の癒やし要素は仙孤さんとシロのダブルなでなでと仙孤さんとのお風呂タイムでしたね!
シロの甘やかされたいが結果的に中野の癒やしになっていたり、欲望に染まる中野の姿が観られて面白かったです。
シロと高円寺との出会いが今後のストーリーにどう影響されていくのか楽しみです。


それにしても、仙孤さんとのお風呂タイムでも平常心を保つ中野は真のもふリストなのか!?


それではお疲れ様でした!